Day: 2022年8月3日

今は猛批判だが、直近まで統一教会の宣伝を垂れ流していた報道機関とIT大手!?

安倍晋三元首相襲撃事件をきっかけに、今さらながら統一教会(現・世界平和統一家庭連合)の「反社会性」や政治家との関係を糾弾する報道が相次いでいる。 [画像】「テレ朝ニュース」に表示された統一教会の広告  テレビでは、午前と午後のいわゆる「ワイドショー」が積極的な情報番組で、統一教会を30年間追い続けている有田芳生氏や、いわゆるカルト宗教の問題に取り組んでいる弁護士の鬼頭政樹氏が出演して、統一教会の説明をしています。政治家との関係が明らかになるたびに、その政治家を大きく取り上げて問題視する記事です。 テレビ朝日のHPに掲載された統一教会の広告  しかし、私見では、どうしてこのような報道ができるのかと首を傾げる部分がある。むしろ違和感を覚える。  その理由は、次のような画像にある。  これは、テレビ朝日のニュースサイトに掲載されている画像をファイル保存したものです。日付は2年前の2020年2月5日。ニュース配信の日時で確認できる。新型のコロナウイルスが日本に上陸したばかりだった。多くの感染者を出した客船「ダイヤモンド・プリンセス」が横浜港に入港したことが大きく報じられた時期である。  このニュースサイトの画面の上部と右側に表示される広告を指摘しておきたい。  ’聖母生誕100年祭’が開催されます。  真のご父母様生誕100周年記念」「真のご父母様生誕100周年記念」。  どちらの広告にも同じ写真が使われています。  文鮮明」は、統一教会の創始者です。広告の写真に写っているのが文鮮明で、奥さんの韓鶴子も一緒に写っています。2012年に文鮮明が亡くなった後、教会の頂点に君臨しています。  この広告は、文鮮明生誕100年を祝うイベントのためのものだ。統一教会の広告であることは誰の目にも明らかです。 広告はGoogle経由です。  広告をクリックすると、専用サイトに移動しました。現在でも、保存されたファイルの広告をクリックすると、「天地人真の父母統一10周年記念」と題するウェブサイトに移動し、文鮮明氏の写真と関連行事のスケジュールが表示されます。名実ともに統一教会の広告であることに間違いはない。  文鮮明は1920年2月25日生まれである。広告表示もその直前である。  テレビ朝日は、文在寅生誕100年を統一教会とともに祝い、統一教会から広告収入を得ていたのである。  問題の広告の右肩にある小さな「i」と「x」の情報アイコンと削除アイコンにカーソルを合わせると、「Ads by Google」と書かれた吹き出しが表示されます。さらにクリックすると、広告全体が「Googleはこの広告の表示を中止しました」というテキスト表示に変わる。つまり、大手検索サイトであるGoogleは、私の検索履歴や閲覧履歴などの個人情報を取得し、それに応じて広告を表示する仕組みになっていたのでしょう。  どのようなアルゴリズムで私の端末にこの広告が表示されたのかはわからないが、ひとつ考えられるのは、私がオウム真理教の事件を知っていたことである。カルト」という見出しで表示されていたとしたら皮肉なものだが、そうだとしたら無視することはできない。

Scroll to top