旅行者が恐れる空港!?

新しい季節がやってきましたね。しかし、もしあなたがパンプキンスパイスや涼しい夜が好きでないなら、世界中を旅する選択肢はいつでもあります。
今週のトラベルニュースを見て、計画を立ててみてはいかがでしょうか。
航空業界の浮き沈み
Skytrax World Airline Awardsで世界一好きな航空会社に選ばれたカタール航空や、オークランド-ニューヨーク間に初の直行便を就航させたニュージーランド航空にとっては良い1週間でした。
しかし、水曜日に発表された調査によると、北米では航空会社の乗客満足度が急降下しており、東海岸のある空港では乗客が最も不満に思っていることが明らかになった。
その空港は、この夏、キャンセルが最も多かった空港である。しかし、世界的に見れば、誰が最も悪かったかといえば、遅延の世界的リーダーであるカナダである。
副操縦士になるための時間を短縮することで、世界的なパイロット不足に対処しようとする米国の地方航空会社の提案は、月曜日、連邦航空局によって却下された。
また、サウスウエスト航空は、ハワイ行きの便で乗客にウクレレを配り、即席の初心者向けレッスンを行うという、とんでもない行動に出たのである。そう、その通りだ。鉄道会社のアムトラックは、Twitterでこの航空会社をさかんに非難していました。
アジアを解き放つ
金曜日に開催されたWorld Airline Awardsで、SkytraxのCEOであるEdward Plaisted氏は、「旅行に対する需要の高まり」によって業界が活性化されているが、今は「もう少し国境が開かれるのを見る必要がある」と語った。
Covid-19政策に関して最も慎重な大陸であるアジアでは、それがようやく実現し始めている。日本は来月、大量観光を再開する日を決定し、9月26日には香港が2年以上にわたる国際検疫を解除する。
中央アジアのブータンも9月23日に再開し、今週は中国が一部の外国人観光客に対する入国規制の緩和を検討しているとのニュースもあった。
旅先でのインスピレーション
ジャン=ポール・サルトルの言葉を借りれば、「旅は天国だが、地獄は他人だ」。立地は最高なのに人が少ないというスイートスポットに行きたいなら、アメリカで最も過小評価されている22の旅行先のリストをご覧ください。
ヨーロッパでは、首都が有名ですが、小さな町でも壮大な建築物や豊かな本物の文化に触れることができます。ここでは、最も美しい場所をいくつかご紹介します。
紺碧の海に囲まれた楽園のような島々がお好きなら、南太平洋のフィジー諸島と二島国家のセントクリストファー・ネイビスが、米国疾病管理予防センターの旅行勧告リストで「中程度」のリスクカテゴリーに移行したと聞いて、喜んでいただけるかもしれません。

旅行者が恐れる空港!?
Scroll to top