人工知能とインスタンスセグメンテーションへの応用

人工知能とは?
AIとは、artificial intelligence(人工知能)の略です。コンピュータがデータを分析し、結論(知識ベース推論)を出して判断し、最適化を提案し、問題を定義して解決し、学習(将来使える知識を情報から抽出)する、人間の知能を模倣した技術である。

インスタンスセグメンテーションへの応用についてはこちらの記事で詳しく説明しています。

人工知能とは?
AIとは、artificial intelligence(人工知能)の略です。Artificialは「人工の」、Intelligenceは「知能の」という意味です。
AIは何に使うのか?
ここでは、日常生活の中で人工知能を活用している有名な製品を5つ紹介します。
(1)音声アシスタント機能
(ii) エアコン
(iii) 洗浄ロボット
(4) 車
(5) 医療機関
(1) 人工知能×ドローン
(2) 人工知能×医療用ロボット
(iii) 人工知能×農業
AIが重要な理由
人間や機械が生み出すデータは膨大な量になります。データの利用や解釈、データに基づく複雑な意思決定は、人間の能力をはるかに超えています。人工知能はすべての機械学習の基礎となる技術であり、将来的にはすべての複雑な意思決定を担うことになるでしょう。
人工知能のメリットとデメリットは?
AI活用のメリットとして、人手不足の解消やコスト削減、生産性の向上などが期待される一方、雇用の減少や情報漏えいリスクの増加などのデメリットを懸念する声も少なくありません。
人工知能は今後どうなっていくのでしょうか。
人工知能は急速に発展・拡大しており、米国の調査会社Tracticaは、AIソフトウェアの世界市場は2018年の101億ドルから2025年には1260億ドルに拡大すると予測しています。

人工知能とインスタンスセグメンテーションへの応用
Scroll to top