家族に内密に借金をしていましたが、とうとう支払いが滞

家族に内密に借金をしていましたが、とうとう支払いが滞り、債務整理に助けを求めることにしました。かなり大きな額の借金があり、もう返済に首が回らなくなりました。



相談に乗ってもらったのはそこら辺の弁護士事務所でかなり安い値段で債務整理をやってくれました。生活保護費を貰ってる人が債務整理を頼むことは出来なくはないですが、利用方法はある程度限られていることがやはり多いです。そして、弁護士の方も依頼を受けない場合もありますので、実際に利用できるのかどうかを熟考した上で、行ってください。全ての借金がなくなるのが自己破産といった制度です。
借金で悩んでいる方には有難いものですよね。



しかし、当然メリットばかりではございません。
もちろん、デメリットもございます。家や車といった財産は全部手放さなければいけません。

また、約十年間はブラックリストというものに載る為、新しい借金はできなくなります。自己破産とは、借金を返すことがもう確実にできないということを裁判所から分かってもらって、法律により、借金を取り消してもらえる仕組みです。



生きていくのに、最低限、要する財産以外は、すべてを手放すにことになります。


日本国民であるうちは、誰もが、自己破産をすることが可能です。



銀行からお金を借りている状況においては、任意整理をするとその銀行口座を凍結される可能性があります。なので、事前に預金を回収しておいた方がいいです。
銀行は自分が損をしないように、口座を凍結してその預金をロックしてしまいます。

口座が凍結されるのはひどいことだという印象を受けるかもしれませんが、銀行側から見れば、誰にも文句を言われる筋合いはないのです。
自己破産をする折、身辺のもの生活を再建するための微々たる費用の他は、明け渡すことになります。

自宅、土地などの資産以外に、ローンを返しきれてない車も手放さなくてはなりません。ただ、ほかの人が返済し続ける事に、債権者の了解を得ればローン返済を行いながら持っておくこともできます。複数の金融会社からの借り入れや2つ以上のカードローンをしている毎月の返済が大きくなり経済的な負荷になってしまう場合に債務整理をすることで、負債を全てまとめて一つにすることで月々の返済額をかなり少なくすることができるという大きな利点があるのです。

任意整理が終わってから、どうしてもお金が必要になったからといって、消費者金融などで借金を申し込んだとしても、審査の段階でNGが出されます。ひとたび信用情報機関のブラックリストに載った場合、記載が削除されるまでには5~10年の時間が必要ですから、その後になればキャッシングが可能です。

借金を繰り返してしまって任意整理をする場合、また、新たに借金をしようとしたり、クレジットカードを作ろうと思っても、信用機関にはそういった情報が残ってしまうため、審査を通過せず、しばらくはそういった行為を行えないことになっているのです。

借金がクセになっている人には、すごく厳しい生活となるでしょう。


個人再生には複数のデメリットが存在します。
一番大きいのは費用が高いことで、減額した以上に弁護士に支払う費用が多かったなんて事例もあるのです。


しかも、この方法は手続き期間が長くなってしまうため、減額してもらえるまでにかなりの時間を必要とすることがたくさんあります。