債務整理を悪徳弁護士に頼んでしまった場合、最悪な

債務整理を悪徳弁護士に頼んでしまった場合、最悪な状況になるので注意を要します。ネットの口コミなどで調べて良識を持つ弁護士に依頼しないとありえないような手数料を請求されたりしますから気を抜かない方がいいでしょう。

注意する必要がありますね。


借りたお金を返すことが難しい場合、司法書士や弁護士に頼り、債務を免除してもらったり、軽減してもらう自己破産や任意整理などの選択します。

任意整理の中でも、自分の家などを持ちつつ借金を返済する個人再生という選択もあるのです。



借りたお金の合計額が減りますが、自宅のローンなどは残りますので、気にしていなければなりません。個人再生をするにも、不認可となってしまうケースが存在します。個人再生をするにあたり、返済計画案を提出しなければなりませんが、これが裁判所で通らないと不認可として扱われることになります。もちろんの事ですが、認可されないと、個人再生は望めません。

個人再生には複数の不利なことがあります。
最も大きいのは費用が高いことで、減額した以上に弁護士に支払う費用が上回ったという事もあります。


また、このやり方は手続きが長期間になるため、減額適用となるまでにかなりの時間がかかることが多いのです。全ての借金がなくなるのが自己破産制度なのです。


借金で辛い思いをしている人には嬉しいものですよね。



ですが、当然メリットだけではありません。無論、デメリットもあります。


家や車などの財産は全部放棄してしまわなければなりません。

また、おおよそ10年間ほどはブラックリストというものに載る為、新しく借金は出来なくなります。借金を繰り返してしまって任意整理をすることになった場合、その後に、新しく借金をしようと思ったり、カードを作りたいと思っても、情報が信用機関に残るため、審査に通らず、数年間はそういったことを行えないといった事になるのです。

借金をすることが癖になった方には、かなり厳しめの生活になるでしょう。債務整理を弁護士または司法書士に依頼する時、忘れてならないのは着手金及び以降発生して来る経費のことです。着手金のだいたいの相場は一社で約二万円ということです。
中には着手金0円を標榜する法律事務所も見かけますが、これは過払い金がある債務者に関してのみなので、注意して頼みましょう。



任意整理が片付いてから、どうしてもお金が必要になったからといって、消費者金融などで借金を申し込んだとしても、審査される際にNGが出されます。信用情報機関のブラックリストに載ってしまったら、記載が抹消されるまでには5~10年は必要になるため、以後であればキャッシングが可能です。

債務整理をした友人からその経過についてをききました。
毎月ずいぶん楽になったそうで本当に良かったです。


私にも複数の借金がありましたが、今は全て返し終えたので、私には関係ありません。債務整理には短所もありますから、全部返しておいて良かったです。債務整理と一言でいっても多くの種類があるでしょう。
個人再生とか特定調停、個人返済不能や過払い金請求など多彩です。どれも特徴が違うので自分はどれをチョイスすればいいのかというのは専門家に相談して結論づけるのがいいでしょう。